たくやとおとんと・・・・ときどきリキ D-Boy 『TAKUYA』

ダウン症でゆっくりな成長のタクヤと大きいオトンと年寄り柴犬リキのブログです。

takuyatoriki2.jpg



スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

癒されに行ってきた

2013 - 12/21 [Sat] - 17:52

リキが亡くなってから多くの方々にコメントを
頂いておきながらお返事が出来ず申し訳ありません。

昨日は異常気象で雹が降り寒く
今日はうって変わって晴天でポカポカ
年末年始に向けて体調管理に気をつけなくては・・・

まだリキとの生活で体内時計は変わらず
夜中にリキが『呼んでいる』と目が覚めたり
五時前には必ず目覚めてしまう。
もう散歩にも行かず、
夜中の水やオムツ交換をしなくていいのに
気持ちは切り替えようと前に進んでいるが
身体は・・・まだまだ暫くはリキとの時間に
慕っていいるようだ・・・

今日は今年収穫した新米を取りに
タクヤの就労先へ行ってきた。

画像 013

タクヤの従兄弟で田植えに参加した翔ちゃんと
稲刈りに参加してくれたバスケコーチのエリコーチに
プレゼント。
翔ちゃんは所属する消防署で食事当番のときに
皆さんにご馳走すると新米を待っていた^^

ついでにピザレストランで遅いランチ
タクヤはクリスマスの三角帽子をかぶり
『いらっさいませ~』『ありがとうございました~』

画像

アジア大会で沢山お休みを貰ったタクヤは
明日の日曜日もクリスマスもレストラン勤務。
頑張れタクヤ。

ピザレストランはピザもパスタも種類が増え
また新しくリゾットやグラタンなどもメニューに入った。

今日はマリゲリータ

画像 008

海老のクリームパスタ

画像 009

と、カボチャとさつまいものグラタンを頂く

画像 006

オカンはグラタンが美味しいと絶賛

レストランの裏の林も整備してあり
『オソロクの森』が出来ていてた。

画像 010

ピザレストランも隣のパン屋さんも
石釜で焼いていて優しさを感じる味
新しく出来た『森のアトリエ』の作品も
癒される。が、やはり一番癒されるのは
そこで働いている彼らの笑顔が一番癒された。

明日はリキの遺品の整理をしようと。
初七日は関西では亡くなった日からで
関東では翌日から七日目。
月曜日はタクヤのバスケやコーチ達との忘年会なので
明日、遺品と片付けながらお線香を焚いて
リキの初七日としよう。

多くの皆様に見送られてリキは幸せです

2013 - 12/18 [Wed] - 18:38

当ブログや愛犬の介護日記
そしておきてがみへ100件以上のコメントを頂き
リキはこんなにも多くの方々に
愛されていたんだと本当に感謝の気持ちでいっぱいです。
ブログで知的障害を持つ息子と
老犬で闘病生活が長かったリキを
書く事で中には不安を与えてしまったり
気分を慨させてしまったりと色々と
続けながらも『これで良いのか?』と思いながら
今日まで綴って来ました。
でも、本当に多くの方々から激励のコメントを頂き
なんとかリキを看取る事ができるまで
書かせてもらった事に本当に皆様に感謝しています。



リキの葬儀2

女房とリキを綺麗に拭いたりブラシをかけてやる。
毛並みは綺麗で、あれほどリキを苦しめた
アレルギーの痕も無く白く綺麗な毛が生えていて
今でも呼吸をしているんじゃないかと
思えるほど穏やかな顔
生前リキの洋服などを入れていた衣装箱に
リキを寝かせお花や服なども一緒に入れ
出棺の準備が出来た。

リキの葬儀1

昨日は本当に綺麗な空で暖かく
リキを出棺してあげるには気候までも
見送ってくれているんだと思えるほどでした
我が家の上には一筋の雲
これがリキが天に召される『虹の橋』なんだなと
思いながら女房と霊園に向かいました。

最近のリキのプリントした写真がなく
病気と老いで段々小さくなっていくリキ
そして顔までも子犬のようになったリキには
我が家の一員になった日の写真を
遺影に選び、タクヤが支援学校時代に作成した
フォトフレームに入れ一緒に霊園へ。

リキの葬儀4


心配していたタクヤですが
彼なりに辛い様子は見せないようにと
しているのか、逆に私を気遣い話かけてくれています。
今朝も起きてきてすぐに『パパ~』とハグしにきたり
出勤前にも『お仕事頑張ってね』『ボクも頑張る』からと
玄関まで見送ってくれました。

リキが我が家に残してくれたもの。
これからも同じように
家族仲良く支えあっていこうと思います。

本当に長い間、温かくリキやタクヤ
そして我が家を応援して頂きありがとうございました。
皆様からのコメントで
リキがこの世に生まれた『証』そして『足跡』を
刻み感じる事ができました。
リキも皆様に見送れながら無事に虹の橋を
走っていることでしょう。

古い携帯からの動画ですが
昔アップしていたリキの闘病の様子や
復活したリキの様子などを左側のカラムに
リンクを貼ってみました。

尚、リキの葬儀などの様子は
愛犬の介護日記こちらで書きたいと思います。

リキの旅立ち。虹の橋を渡る。

2013 - 12/16 [Mon] - 22:19

穏やかな顔で

寝たまま

リキは虹の橋を渡りました。

ブログでリキを書くようになって五年

多くの皆様にコメントや励ましを頂き

本当に幸せな犬生だったと思います。

画像 002

タクヤと兄弟のように育ったリキ

互いに君達はべったりはしなくても

寄り添い見つめ合いながらこれまできたね。

最後は苦しい中、

タクヤが帰国するまで

良く耐えて頑張ってくれました。

詳しくは愛犬の介護日記

書こうと思います。

本当に長い間、リキと私たち家族に

温かい励ましのコメントを頂き

ありがとうございました。

仲間に報告と新たなスタート

2013 - 12/16 [Mon] - 06:20

帰国して一週間

10日間の疲れも取れないまま

ほとんどのアスリートは翌日から仕事に復帰し

そして練習へ全員参加して

アジア大会の報告をひとりひとり発表した。

画像-019

練習では大会に出たアスリートだけではなく

参加できなかったアスリートも

いつもより元気に練習をしているように私には見えて

今度は『私が僕が・・・』と練習姿から感じられた。

土曜日の夜に

帯同したコーチやスタッフと

大会の報告とタクヤ個人の報告

ほとんどがタクヤの反省材料で

酒を飲まずには聞いていられなく

二日酔いのまま練習へ参加になってしまった。

タクヤは多くの失敗もあったり

多くの課題も・・・

でも課題があるってことは

まだチャレンジできるって事で

タクヤにとっては本当にいい経験と

新たな目標が本人が持てた事

ゆっくりなスピードだが

これからも成長して行けるかな?



父は二日酔いのまま昨日はアスリート達と

最初から最後まで一緒に練習し

帰宅してリキを抱いて寝たので

今朝は全身の筋肉と間接すべてに痛み

今夜は予約してある2時間のマッサージへ

タクヤもリキも頑張っているので私も

トレーニングして身体の老いのスピードを

少しでも遅らせないと・・・



老犬・闘病犬のリキは

虹の橋を渡る為に家族とのお別れ準備を

しているように・・・

画像 026

リキに負担にならないとうに

起きていて水を飲ませるときに

みんなでリキを抱っこし最後のスキンシップを・・・

愛犬の介護日記

リキの様子はこちらのブログで。

我が家もチャレンジ。そしてお土産で大爆笑

2013 - 12/11 [Wed] - 22:55

スペシャルオリンピックスでは大会・競技会を
継続的なスポーツトレーニングの発表の場
大会・競技会は、日常のスポーツトレーニングとは全く違う環境で、
アスリートが不安や緊張と戦いながら自分のできるようになった
ことのすべてを発揮するチャレンジの場です。
また、アスリートだけでなく、コーチ、ファミリー、ボランティア
をはじめ、活動に関わる全ての人にとってもチャレンジの場である

とともに、アスリートや自分自身の変化に気づく大切な場です。
と、定義している。

そうです。日常のトレーニングの発表の場であり
参加する全ての方々のチャレンジの場なんです。
チャレンジには成功も失敗もあり、ハードスケジュールの中で
一生懸命にコーチやスタッフの方々がアスリート達に
最高のパフォーマンスを発揮できるようにサポートし頂き
終わってみれば反省もあるでしょうがファミリーとして
本当にサポートして頂いた全ての方に感謝しております。
コーチの方々は帰国の翌日から仕事。
体調を崩されないよう願っております。
また日本で応援・サポートして頂いてる方々にも
本当に素晴らしい経験をさせて頂き感謝するばかりです。

ブログを読んで下さっている方々の中には
色々なご意見もあるとは思いますが
まずは頑張って帰国したアスリートやコーチ・スタッフの方々に
感謝と労いの言葉があってからの意見なんじゃないかと・・・
私個人としては思っています。
今後、更にスペシャルオリンピックスで
ひとりでも多くの知的障害のある人たちが
活動に参加でき、一人ひとりが輝けるよう、
皆様のご支援、ご協力、ご理解を
心よりお願い申し上げます。




そして今回、我が家でチャレンジした
タクヤとオカンと娘

タクヤは帰国した翌日は仕事を休みましたが
昨日は自分で買ったお土産を持って仕事へ
親が心配していた疲労している様子も見せず
大会参加前と同じ生活を送れている事に安堵。

そして娘は帰国の翌日から当たり前ですが通常勤務
理学療法士で障害児を見ている娘にとって
現地で多くの知的障害者さん達の頑張っている姿や
大会にボランティアとしても多くの知的障害者の
方々がサポートに回ってる事に感動したと。

そしてオカンもダウン症の方々が販売しているブースで
現地の多くのファミリーとコミュニケーションがとれ
言葉が通じなくても障害者の親達は世界共通だったと
山ほどお土産を購入し、また山ほどお土産を貰って帰ってきた。

タクヤからのお土産
行く前のリックよりパンパンのリックを背負い
ゲートから出てきたタクヤ。
家に着くなり皆にお土産を買ってきたと
パンパンのリックの中から出てきたものは大きな・・・

お土産5

大爆笑
てっきりリキのお土産かと思ったら
『ボクが居ないときパパ寂しいと思って』
って、これはパパに?
ましてやオーストラリアで
コアラやカンガルーじゃなくクマ・・・

お母さんには

お土産4

タクヤも女心だけは掴んでいる・・・

お姉ちゃんには

お土産1

可愛いカード
『それから?』
『これだけ』
・・・

それとオカンと娘から留守番していたオトンに

お土産3

『UGG アグー』の手袋
ちゃんと値札付きで・・・

こんな高い物良いのに・・・

だけどオトンにこれってことは・・・
彼女たちは・・・ブーツを・・・

カード明細が怖い・・・

これ以外にも沢山のお土産も・・・

今回タクヤや娘の身分証カードの紐に
交換した多くのピンバッチがついていたので
タクヤも娘も他国のアスリートや現地の方々と
ちゃんと交流ができ証で父親にとって
一番のお土産になった。

お土産2

またタクヤが10日間つけていた日記は
A4判のノートに毎日1ページにぎっしりと・・・
ほとんどひらがなでしたが一日の様子が書かれていて
嬉しいことや初めての体験した事などを中心に
中にはタクヤなりに悩んだり悔しかった事も書かれていた。

これがスペシャルオリンピックスが定義している
大会や競技会を通じて
『チャレンジ』『成長』『変化』なのだと。

PS・・・12月2日から私のiPhoneがEメールを受信できく
なっていた事に夕方に気付き急いでショップへ
メールが来ない事に『おかしい?』と思いながら・・・
2日から今日までのEメールはiPhoneには
センター問い合わせがなくもう受信できないそうです
タクヤへの激励メールなど頂いた方々には
受け取ることもできず、お礼の返信メールも出来なく
本当に申し訳ありませんでした。

« | HOME |  »

おとん家の人々

my-family小

登場人物
タクヤ・・・24歳のダウン症
リキ・・・17歳の柴犬♂
オトン・・・52歳
その他
オカン・・・年齢不詳
お姉ちゃん・・・26歳

by Google Fan

オトンのブログ

新しくリキのブログ
を始めました。
rikidas赤
愛犬の介護日記
↑クリック↑
sp-studioおとん)
爺ちゃり散歩
↑クリック↑

最新記事

スポンサードリンク

月別アーカイブ

タクヤの就労先

スポンサードリンク

ペット用品

DAD-WAY ダッドウェイ

アイコンズ スーパーストア


お友達リンク

    スクロールバーでリンク移動します

Copyright(C) 2010 たくやとおとんと・・・・ときどきリキ All Right Reserved.  | Powered by FC2 Blog | Template By Toshi

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。